医院案内地図診療案内症状からみる病名チェック役立つ医学情報・Q&A趣味の部屋
リンク
無料健康相談掲示板
お問い合せ
◆くびや肩の痛み ◆腰痛やあしの痛み ◆脊柱変形 ◆背部痛・胸壁痛 ◆脊髄麻痺
◆手のしびれ感と上肢の麻痺 ◆肩の関節の痛みと機能障害 ◆肘の痛みや変形 ◆手首の痛みや変形 ◆手の指の痛みや変形と機能障害
◆股関節部痛・機能障害 ◆膝関節部痛・機能障害 ◆股関節部から足先までの下肢のしびれ、知覚異常 ◆下腿部痛・足関節部痛

 
 脊柱変形
脊柱側彎症 下記に記すような色々の原因があるが、なかでも多いのが思春期の女性によくみられる原因不明の特発性側彎。

1.特発性側彎症

2.症候性側彎症

/牲亢收:脳性麻痺、脊髄前角炎、脊髄空洞症
∪菘契:楔状椎、癒合椎など先天奇形に伴い発症。
神経線維腫症:レックリングハウゼン病による。

3.間葉性側彎症
.泪襯侫.鷯標群、エーラスダンロス症候群など

側彎角がCobb法で20〜50度のものは保存的に治療し、50度以上のものは手術療法を考える。
結核性脊椎炎 陳旧例における亀背変形。結核の既往、ツベルクリン反応陽性。ノートルダムのせむし男はこれだった。
Scheuermann病 ショイエルマン病は青年期に円背を主訴とし、椎体の二次骨核の障害によると考えられている。時に背部の重だるさ。残存変形による愁訴は成人例にもある。
強直性脊椎炎 仙腸関節の変化に注意。
骨粗鬆症による後彎 骨粗鬆症による多発性圧迫骨折
 

 
↑ページトップへ